「長澤クラス」

 
「大人の英会話」
「大人の英会話」
1234
2018/03/14

「発音講座」最終回

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 いよいよ本日が、「発音講座 10回コース」の最終回となりました。

早速、長澤先生のご報告からお伝えいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日はお陰様で発音講座の最終授業を無事終わらせる

ことができました。子供たちも静かにしてくれて、お母さん

たちは集中して最後の授業に取り組めたと思います。

これも、縁の下の力持ちの方が私たちの見えない所で

しっかりと子供たちをケアしてくれたからに

ほかなりません。改めて厚くお礼申し上げます。



きのうの授業では、クラスルーム・イングリッシュをどう

言うか、例文をもとに、表現と発音の両面を考えて

みました。読むことで私が強調したことは「単語と単語の間を

切らないこと」でした。それは必ずしも早く読む(話す)

ということではありません。ゆっくり話す場合でも、

ことばはつながっている(単語と単語はつながって

いる)ということを意識する、ということです。次の

ような場合は特に単語間のつながりを意識した方が

いいと思います。下線部分のつながりにご注意

ください。



Look at the board. 

子音(k)+母音(a)の場合は「クア」ではなく

「カ」のようになる。



Sit down.

2つの破裂音([t]と[d])が続くときは最初の

破裂音は発音されない。結果、「スイッダウン」

のようになる。



Raise your hand.

[z]と[j]が続くときは「ズユ」ではなく「ジュ」のように

なる。



きのうの授業でも、MさんNさんご両人は3つのことを

同時におこなうという離れ業を見せてくれました。

すなわち、発音している私の口を見る、ご自分でも

発音してみる、メモを取る、です。



努力を怠らないご両人に幸いあれ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、「お子様連れの講座」でしたから、
お二人の先生でありお母様方と、お子様方の

本当に「二人三脚、三人四脚」とでも言うべき頑張りで
見事に10回を修了され、

そのご努力と、チャレンジ精神に
本当に"ブラボー!”と言いたい感じです^ ^

それから、長澤先生ですが・・・
今回は、長澤先生が茨城大学でメインにやっていらっしゃった、
いわばご専門の分野と言える「発音講座」でしたから、
本当に「奥が深かった」です。

お二人は、その時々に、一生懸命長澤先生の言葉をメモされたり
していましたが、

もし、全く同じ講義をまた「10回」受けられたとしたら、
今度は「長澤先生の違う声」が聞こえるはずなのです^ ^

ちょっと???ですよね。

これは、私が長澤先生のお話を聞く度に感じることです。
私たち生徒の器が広がれば広がるほど、
長澤先生のまた違った声が聞こえる・・・

逆に言えば、私たちの器の準備がなければ、
取りこぼしている言葉もある・・・・・

長澤先生の講義はいつも
「初心者」が聞いてもとても分かりやすいのに、
専門家が聞いても、あまりある程、貴重な情報がたくさんある。

と言うことなのです。
お二人のような、チャレンジャーをまたお待ちしています^ ^

Y君とIちゃんと遊ぶのが、とっても!楽しかったSallyでした╰(*´︶`*)╯♡


20:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/03/10

「高校生クラス」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
”春がこんなに寂しいとは・・・”
私(Sally)は、春生まれ(年齢不詳?)、「好きな季節は?」と聞かれれば、
いつも「春」と答えていたのでしたが・・・今年は「春ってこんなに寂しい季節だったの」
と、感じるばかりです。。。もしかすると、毎年この季節にはそう思っても忘れていたの
でしょうか。。。春の別れが。。。身にしみるこの頃です・・・。

そんな中、今日長澤先生からこのようなご報告が届きました・・・。
ちょっと「ウルッ( ; ; )」っとするぐらい・・・心動かされるお話でしたので、
みなさんにもぜひご紹介したい!と思いました。
 

以下、長澤クラスのご報告

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の
高校生クラスの授業についてご報告したいと


思いますが、授業内容そのものについてはさしたる

ことはありません。ご報告したいのは、授業に対する

K君の態度です。



K君は第一志望だった大学への合格も決まり、大学

受験対策的な私の授業など、もう受ける必要もない

のではないかと思うのですが、K君はこれまでと同じ

真剣さと集中力で受講しているのには全く驚きます。



今日の授業でも、(十年一日のごとき)長文読解を

やっていて、少し込み入った英文の解釈をK君が

少し誤解しているようだったので、私が修正意見を

述べたのです。私の修正の意図が彼に通じたか

どうか確かめるために彼の顔を見ると、その顔は

はっきりと「わかりました」と言っているのでした。

理解力も相変わらずです。



そのK君との授業も来週が最後です。来週も

「来年の春に大学受験です」というような顔をして、

飄々と水戸分校の門を入って来るのではないかと

思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
K君と現代の若者たちにブラボー!!ですね^ ^














20:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/03/07

「発音講座」9回目

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
「発音講座」も10回のうち9回目を迎えました。
早速、長澤先生のご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日も水戸分校ではいろいろお世話をいただき

ありがとうございました。



Mさんのふところに抱かれて眠っている赤ちゃんを

見ると、まわりの騒音が気にならなくなるから不思議です。



発音講座も残すところあと1回となりました。

今日はNさんの指導案とALT用説明文書を中心に

授業を進めました。その指導案の検討の中で、

先生や生徒の呼び方にどういう表現を使うか、が

問題になりました。



「ジョン・ブラウン先生」を呼ぶ場合:

生徒が呼ぶ場合も先生が呼ぶ場合も同じです。



(1)John Teacher (×) 英語の語順ではない。

(2)Brown Sensei (○)

(3)John Sensei (○)

(4)Mr. Brown (○)

(5)Mr. John (×) Mr. はファーストネームには

  つけない。



生徒(かとう・たかし君)を呼ぶ場合

(先生が呼ぶ場合・生徒同士で呼ぶ場合)

(1) Mr. Kato (×) 小中学生に Mr. をつける

のはおかしい。(女子生徒に Miss をつける

のも同様におかしい。)

(2) Mr. Takashi (×)ファーストネームに Mr. を

つけるのはおかしい。

(3)Kato (×) ちょっと乱暴な感じがする。

(4)Takashi (○) 英語でファーストネームだけで呼ぶ

  慣例を真似て。

(5)Kato-kun (○)

(6)Takashi-kun (○)



〈付録〉

「よろしくお願い致します」をどう言うか?

・(指導案の協議・検討に先だって)「よろしくお願い致します。」

 Shall we look at the teaching plan?  I’d be most grateful

   if you give any comments on it.

 Could you perhaps make some comments on the teaching

   plan?



・(指導案の検討を終えて)今日の授業、よろしくお願い致します。

 Thank you for your comments on the teaching plan.  

They have improved it a lot.




長澤
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「よろしく」の英訳の件で、
今日、長澤先生からも「Sallyさんはどう思う?」と聞かれたのですが、
私はこの前もお話させていただいた通り、
「何を?よろしくなのか」それがわからないと・・・英語で「よろしく」というのは難しいです・・・とお答えしました。

日本語には、「便利で何にでも使えるけれど・・・英訳するのが難しい」というものが結構あるように思います。
「ごちそうさま」とか
「この前はどうも」
とか・・・極めつけは「すみません」でしょうか?

このようなことを「英語的発想」と言うのでしょうか?英訳する前に、まず「日本語が言わんとする意味」も知らなければならないし、それを英語の感覚ではどのように表す言い回しがあるのかも経験から体得していかなければなりませんね。

お二人とも頑張って下さい!!





20:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/02/28

「発音講座」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
「発音講座」も今日で ”8回目” ということです^ ^
早いものですね。

 内容もだいぶ深まって来ました。
では、どのような内容か、早速長澤先生のご報告を聞いて見ましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長澤先生より

本日の授業は、

classroom English に焦点を当てて


英語表現を考えました。受講生お二人には、宿題

の形で次のことを課題としました。



(1)45分の授業をすると仮定して、どのような活動を


   するか、その授業の流れを書くこと。



(2)その授業をする際に使うことが予想される英語

表現を考えること。(生徒への指示と説明。)



(3)その授業プランをALTに説明するためにどの

ような英語表現を使うか。



お二人ともとても充実したレッスンプランを提出して

下さいました。しかし、60分の授業ではお二人のものに

ついてコメントすることは無理と考え、今日はMさんの

もののみ取り上げました。



・生徒に対する指示・説明の例。



Let’s practice pronouncing of the alphabet.



長澤コメント: practice pronouncing は生徒にとって理解

するにはかなりむずかしい英語なので、say the alphabet 

などの表現に言い換える。



・ALTにレッスンプランを説明するときに必要となる英語

表現の例。



協議に先立って「よろしくお願いします」をどう言うか。



長澤コメント:その種のことは(直訳的には)言わない

のではないか。次のようなことばで始めてもいいかも

しれない。



Shall we look at the teaching plan? 

I’d like you to look at the teaching plan and give some

comments on it, if you don’t mind.



「買い物ごっこ」はどう言えばいいか。

role play of (doing) shopping ぐらいのところでしょうjか。



お二人とも、A4判用紙1ページにびっしりALT用説明文

を書いて提出してくださいました。Bravo! です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当ですねえ。私もびっくりしました。
育児休暇中のお二人なのに、本当にちゃんとした「指導案」をお書きになっていたのです。。。

それに、「よろしくお願いします。」は、私もよく生徒に聞かれます^ ^
その度に、
「英語では、(何を)を言わないと言えないんだよ。」と話します。
「何を」よろしくなのか?

逆に、日本語は「何を」がなくても使える言葉があって便利なのですが。。。^ ^
とても中身の濃いレッスンでした。


20:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/02/21

長澤クラス「発音講座」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日は、お二人の小学校の先生方との「発音講座」でした^ ^
早速、長澤先生からのご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回はお二人に初めて、100語程度の自己紹介文

を書いてもらい、発表してもらいました。Nさんは

クラスの生徒向け、Mさんは同業の小学校教員

向けという想定でした。



お二人とも落ち着いた英語で、変な力(りき)みも、

浮(うわ)ついたところもない、感じのよい英語

でした。(ここが大事なんですよねー、感じのいい

英語。)



今回のような、自己紹介のスピーチなどの準備を

するときの留意点として次の3点をあげました。



1.  スピーチの原稿を書くときは、「知っている表現

ならなんでもいい」という考えを捨てる。楽々と

言える(発音できる)単語や表現を選ぶ。

2.  原稿を完全に暗記する、という考えを捨てる。

聴衆はあなたの言おうとすることを知らないわけ

だから、あなたが原稿と違う表現を使ったとしても、

あなたが言い間違ったとは思わないのです。

3.  同じことを言う場合でも、句よりも節(より長い

言い回し)を使った方が理解されやすい。



次回はいよいよ「教室英語」(classroom English)を

どう使うか?を考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、長澤先生より・・。
前回お話ししましたように、この「発音講座」の特色の一つは「子連れ講座」ということです^ ^


一言では、表現しきれませんが・・・
やはり英語は「コミュニケーションのツール」ですから、
長澤先生がおっしゃるように、
お二人の英語が「とても感じのいい」英語であったということと、

お子さん方の素直で子供らしく・・・また心和やかな様子・・・
抱っこしている赤ちゃんまでも「講座の参加者?」と思えるぐらいの
落ち着いた表情をしている・・・

ことは、決して無関係ではないと思います。

お二人のお母さん方が醸し出す、落ち着きとおだやさ、優しさが
全てに染み入ってる感じがします。

自己紹介も素晴らしかったですね^ ^

成果が目に見えてきました!次回も楽しみです!
                         Sally





20:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/02/17

長澤先生「大人・高校生クラス」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
今年が始まったばかりかと思っていましたら、「受験」の方も佳境に入って来ました。
高校生のKくんも「大学生」までもう一歩!頑張って下さい!

長澤先生からのご報告です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大人のクラスでは、あらかじめTさんから提出されていた

英作文について2つの活動をしました。ひとつは

Tさんの作文の内容(「私の趣味」Eating out)についての

英問英答です。

Tell me about the best meal that you have had.  

など、5つの質問をしました。

(5つとも十分に communicative な答えが返って

きました。)



そのあと、作文の文法上あるいは表現上の問題に

ついて私がコメントしました。

(前回の作文と比べて、語彙、文型ともに進歩が

見られました。)



2つ目の活動は「今年の抱負」について、単語メモ

だけを頼りに、口頭で述べてもらい、それについて

英語で質疑応答をしました。

(体育学の専門用語が使われていたので、私からの

質問が多かったようです。)



 最後に、タイピングについて常識的なことをひとつ

コメントします。(授業中にコメントするのを忘れました。)

Tさんは英文を書くとき、次のようにタイプしています。

スペーシングに注目してください。

My  hobby  is  eating out.

単語間のスペースのとり方ですが、2字分とって

いるところ(My のあと)と1字分しかとっていない

ところ(out の前)があります。「1字分」が正解です。





高校生クラスのK君は「息の長いセンテンス」(単に

長い文ということですが)の訳読にあまり戸惑わなく

なりました。それは英語の特徴である後置修飾に

慣れてきたからだと思います。このところ受けている

大学の入学試験の長文問題が「そんなにむずかしい

とは感じない」という感想もこういう学習経験から

生まれるのでしょうか。

(K君、その調子、その調子!)



今日はここまでです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すごいですね!
「英語がちょっと苦手」ということで、長澤先生の弟子入り^ ^をしたKくん。
そこからの長澤先生との2人3脚で、大学入試の長文問題も「そんなに難しいとは思わない」という答えが返ってくるまでになったんですね^ ^

あと2ヶ月後は「大学生」ですよ!!頑張って下さい!

    


20:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/02/14

「長澤先生発音クラス」with children 開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日もお二人の小学校の先生方と一緒に、長澤先生の「発音講座」を開催しました^ ^
このクラスで特徴的なのは、
「お子さん連れ」と言うことです。。。

お二人の小学校の先生方は、「育休中に」”復帰した時に役に立つ英語力をつけたい”というのがご希望でした。

そこで「育休中」と言う事情もありますから「子連れ」はいた仕方ありません。長澤先生が「お子さん連れ講座」のことをお友達に相談された時のお答えというのが・・・とてもユニークだった記憶があるのですが・・・残念ながらなんとおっしゃったかは忘れてしまいました。。。しかし、そのお返事を聞いて、長澤先生は「お子さん連れ講座」の開講を決心されたそうです^ ^ 

長澤先生もご家族に朝食を作られる”イギリス紳士的”なイメージ(私の勝手なm(_ _)m)の方ですが、そのお友達もそのような考えの先生でいっらしゃるんですね。そのおかげで・・・「女性に優しい英語講座」ができました^ ^

しかも、本日の長澤先生のご報告の中に
「・・・子ども達も今日ぐらいの状態でしたら、授業進行には何の問題もありません。」と書いていらっしゃいました。お子さん方も素晴らしい!!

では早速、今日の授業のご報告です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

今日のテーマは「文のアクセントとイントネーション」

でした。言うまでもなく、「文のアクセント」とは

文強勢のことです。単語にアクセントがあるのと同様、

文にもアクセントがあるということです。例えば、

I like apples. 

という文では、I は人称代名詞なので、ふつうアクセント

を持ちません。like は主動詞なのでアクセントをもつ

資格はあるようですが、1音節なので余り大きな

アクセントではありません。apples は名詞なので

アクセントを持ちます。すると、この文のアクセント配分



 ふつうの強さ(特に強調なし)+やや強い(少し強調)

+強い(強調あり)となります。



イントネーションに関して言えば、

ふつうの強さの I はあなたの声の普通の高さで発音、

like はやや高い音程で発音、

apples は文末に来る内容語なので、かなり高い音程

からあなたの声の一番低い音程まで一気に下げて

発音します。



授業の説明では「内容語」とか「音節」などの専門(?)

用語は用いませんでした。



受講生のお二人は、口と手を忙しく動かしている60分

でした。



長澤
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、私(Sally)も傍で聞いて、お二人の上達の素晴らしさを感じました。私の耳には、お二人の発音の変化がはっきりと聞こえました^ ^
18:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/02/03

大人・高校生クラス開催

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日は「大人」「高校生」の両クラスです^ ^
早速、長澤先生のご報告を聞いてみましょう^ ^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人のクラスと高校生クラスの授業ともに、

いつもと変わりなく進みました。



大人のクラスは、先週授業で書いた「ボランティア

活動の体験」を家でまとめて(英語で)、メールで

提出するように言ってありました。

本日の授業では


その英語のまとめについて私から疑問やコメントを出し、

より統一感のあるレポートとして仕上げてもらいました。

ここまでが授業の前半です。



後半は、My Hometown というテーマで、50〜70語

の英語で書く課題を出しました。その場で5分ほどで

完成させてもらい、すぐにコメントをしました。



きのうは英語を話す活動はまったくといっていい程

せずに、通りのいい英文を書くということに焦点を

当てました。今のところ、Tさんの関心がスピーキング

よりは文法に傾いていると感じたからです。



高校生クラスでは、K君にセンター試験を受けた

感想を述べてもらいました。専門にしたいと思っている

理系の科目の得点が思わしくなく、英語や国語などの

文系の科目の出来がよかった、と可笑しそうな顔を

して報告してくれました。



授業の方はきのうも長文読解に始まり、長文読解で

終りました。K君にはこれから長い戦いが待っています。

しっかり食べて、寝て、頑張れK君。

以上、長澤先生より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「英語の出来が良かった」との報告はとても嬉しいことですが・・・
きっと他教科でも良い結果が出ることを、祈るばかりですね。

「受験」のために、なかなか英語改革が進まない・・・という言葉を
よく聞きますが、良い面がないでもないなあと感じます。

その1つは「単語力」でしょうか・・・
語学の学習には、ある時期「短期集中型」で
取り組むことも大切です。その点、この「受験期」に身につけた単語力は、
(英語を続けるのならば)今後のスピーキング・リスニング・リーディング・
ライティング全てに生かされる可能性があります^ ^

「受験勉強」は決して悪くないと、私は思います。。。Kくん、頑張って下さい!








20:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/27

「大人のクラス」「高校生クラス」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日は、長澤クラス「大人のクラス」「高校生クラス」開催!

早速、長澤先生からのご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おとなのクラスは受講生がTさん一人になったので、

授業内容もTさんが希望するものに変更しました。

リスニングと読解中心の授業から文法を意識した

コミュニケーション活動へ、という変更です。



今日のテーマは「これまで参加したことのある

ボランティア活動」について4,5分で話して

もらい、説明不足のところは私が質問で埋めて

いくという手順で進めました。前回の「特技」の話

よりも格段にintelligible な英語でした。



高校生クラスは、英作文10問に挑戦しました。

初見の日本文10問に取り組んでもらいました。

問題の日本語がどのように見えるにしても、

それをSVOの文型に当てはめて構文すると、

Vがとても堅固に見え、英文としての納まりが

いいように思うのは不思議な感じがしました。



少なからぬ言語学者が言います:

日本語は「なる」言語(何がどうなる?)

英語は「する」言語(何をどうする?)



高校生クラスでも大人のクラスでも強調しすぎる

ぐらい強調しています。



今日はここまでです。



長澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「高校生クラス」の ”Vがとても堅固に見える”
SVOの文とはどのようなものなのか、とても気になります^ ^

しかし、日本語は「何がどうなる」、英語は「何をどうする」というのは、
納得ができます。

多くの中学生が、最初に「何が・・・」と書き始めて・・・身動きできなくなります。私などは、「みんなはまだそんなに文が書けないんだから、物事は主語にしちゃダメー!」と無理やりです(//∇//)

Kくんの英作文・・・興味津々・・・。              Sally



20:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/20

「大人のクラス」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日は長澤クラス「高校生クラス」と「大人のクラス」でした。

では、早速、長澤先生からのご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日の水戸分校の授業についてご報告いたします。


「大人のクラス」は「TOEICを目指して」から「コミュニ

ケーションのための英文法」に看板を書き変えました。



受講生のTさんの望みは「通じればいい英語」ではなく、

「きちんとした英語で通じさせたい」です。むずかしい

テーマですけど、やり甲斐はありそうです。今日はこの

テーマの第1回授業としてはまずまずの内容では

なかったかと自画自賛しています。



授業のおよその流れは次の通りです。

テーマの提示(英語で): あなたの特技は何ですか。

          いつそれを身につけましたか。

それを人に示した例を一つ挙げてください。

→答えを3分間で考える。(答えるためのメモは日本語、

英語でキーワードを考える程度にとどめる。)

→英語で発表

→長澤コメント



次回はTさんが出したテーマに長澤が挑戦します。



高校生クラスは「センター試験明け」のK君が

お相手でした。疲れは残っていない爽やかな顔をして

いました。80分、こつこつと長文読解に取り組みました。



長澤
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いよいよ受験も大詰め!Kくん頑張って下さい!!!
                          Sally


20:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
1234