Prospective Students

 体験レッスンをご希望の方はこちら


  
 

Welcome to SALLY'S

You're the289020th visitor!

Address

〒319-2103
    茨城県那珂市中里1074-1
  SALLY'S English Language Academy
                    tel. 029-296-4815
                    fax 029-296-4815
*アクセス 情報はこちら             
 

SALLY'S Students & Parents

日々のレッスンの様子をお伝えしています
      *クラスルームへはロゴをクリック!
Classroom#1


Classroom#2


Classroom#3

    クリック                   クリック
          ⇧         ⇧
  会員のみ         一般の方も見られます(^ ^)
SALLY'S Virtual Classrooms
  *サリーズに通わないで
                                勉強をしたい方はこちら
Classroom#4
「中学英語」を勉強したい方.やり直したい方

Classroom#5

英語・英語教育・言語・文化など 


Classroom#6
留学とオーストラリアの生活.文化.Trends! 


Classroom#7
英語でチャットしよう!   

Classroom#8 
SALLY'S Alumni Study G
             
サリーズバーチャルクラスルーム


サリーズの屋根裏部屋に住む
       「魔女っ子Cyd」がサリーズの裏側を紹介

          
 

会員サイト(生徒・保護者)

High School Students' Room
High School Students' Room
12
2016/05/01

卒業生のみなさん、ありがとう!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 先ほど、今年中学を卒業し、4月から高校生になった女の子3人が訪ねて来てくれました(^ ^)
 この色紙を持って来てくれたのでしたm(_ _)m

 みんな中学校も違うのに、大変でしたね。本当にありがとう!
読むと・・・ちょっと涙が出そうだったので・・・「あとで、ゆっくり読むね」とお話ししました。
この場をおかりして、お返事を書かせていただきたいと思いますm(_ _)m
 
 Mさん・・・「長文ができるようになり、単語も一生懸命覚えることができたので、今は単語の復習をしなくてもいいってくらい頭に入りました。」と言うことですが・・・その通り!Mさんは、中1の時から、いつもノートに何度も何度も単語の練習をしていましたね。春休みもサリーズに来て、高校の課題をやっていましたが・・・1つ1つのことをいつもきちんとやっていますね。笑顔じゃない顔を見たことがないのに、自分には厳しい・・・先生にも真似できません(^ ^) ありがとう!

 Dくん・・・「英語を小学校の時にはじめてよかったです。」と聞いて、とても嬉しいです(^ ^)。小5でサリーズに入った時、クラスのメンバーが皆違う学校の子たちばかりでした。私なら・・・ちょっとやめたくなるようなシッチュエーションだったと思いますが、Dくんは黙々と英語を頑張っていましたね。中学に入ると、今度はクラスが女の子ばかりで。。。(⌒-⌒; ) でも、「やっていて良かった。」と思ってくれて本当に嬉しいです(^ ^) 中学で良い点数が取れたのは、そんなDくん自身の頑張りのおかげですよ!高校でも英語頑張ってね!ありがとう!

 Aくん・・・「小学校からずっと英語を続けられて楽しかったです!」と聞いてとても嬉しいです(^ ^)正直言って、小学生で6年間英語を続け、高学年には中3程度の英語のテキストだったので、決して楽しいばかりではなかったはずです。やはり、それを乗り越え「継続」してくれた賜物ですね。「いずれは、先生を越す。」と書いてありますが・・・「もう越した」かと思っていました(^ ^)
では、もう間もなく・・・でしょう(^ ^) 嬉しいです!

 Yさん・・・「英語の楽しさを教えてもらうことができてよかったです。」という言葉は、本当に嬉しい言葉です。皆、その時その時に、「やりたいこと」「やらなければならないこと」があるから・・・「いつも英語が1番」という訳にはいかないと思いますし、それでいいと思います(^ ^)先生も、中学校の時には、テニスしかやっていませんでした(^ ^)それでも「英語が好き」で「勉強することが楽しい」って思ってくれるのが、一番嬉しいです(^ ^) ありがとう!

 Kさん・・・Kさんとも、小学校1年生の時からのお付き合いです(^ ^)サリーズの初めてのハロウイーン、トリックオアートリーティングに行く時には、「台風の嵐の中」でしたね(^ ^) 台風にも負けないハチャメチャなSally先生に、皆さんもお家の方も、よくついて来てくれたなあーと思います(^ ^) いつも「次はこれを頑張って!」と言うと、素直に一生懸命やってくれました。サリーズの9年間を修了した第1期生として、誇れる卒業生です。ありがとう!

 Mさん・・・「小学生の時から英語を習い、英語が一番の得意教科になりました。」「一番の得意教科!」と言ってもらえてとても嬉しいです(^ ^)。このHPを読んで下さっているみなさんにお見せできないのは残念ですが・・・サリーズの卒業生の誰もが、Mさんの頑張りのすごさを知っていますよ。そして、勉強への取り組み方だけではなく、お友達への接し方に関しても、私Sallyは、Mさんにお礼を言いたいことばかりです。友達への何気ない一言一言が、どれほど皆を元気づけたことか。必ずいつか、Mさんがしてくれたことが、Mさんのもとへ返ってくるはずですよ。ありがとう!

 Sくん・・・「中学の時にも、受験でも高得点を取れた。」というのは、みんなSくんの頑張りのおかげですよ(^ ^) でも、「先生のおかげで」と言ってくれてありがとうm(_ _)m 私Sallyが今でも忘れられないのは、Sくんがレッスンの度に報告してくれたことです。野球の試合に出られたこと、守備でレギュラーを取れたこと、試合でヒットを打ったこと。人なつっこいSくんは、いつもレッスンに来るとすぐ、学校のことや少年野球のことや、友達のことをとても楽しく話してくれたのです。先生もSくんの話しを聞くのがとても楽しかったのですよ(^ ^) ありがとう!

 Aさん・・・「楽しく優しく教えてくれたおかげでたくさん学ぶことができました。」と書いてくれました。私Sallyは、「楽しく教えた」記憶はないのですが、、、Aさんは、どんな活動をしても、いつも楽しそうに英語を勉強してくれていましたね(^ ^) 小学校・中学校と体操との両立で、とても時間の少ない中、頑張って文武両道をやり切りましたね(^ ^) 確かに、もっと時間があればできたこともあったかもしれませんが、少ない時間を精一杯使って、最大限の努力をしていた・・・そのAさんの姿勢は、必ず今後にも、、、大人になっても、、、きっと生かせることだろうと思います(^ ^) いつも笑顔をありがとう!

 Nさん・・・「英語だけではなく数学も教えてくれてありがとうございました。」と書いてくれました。そうですね、、、間違いなく、サリーズでの勉強時間が最も多かったのはNさんですね(^ ^) 夏休みは、ほぼ9時頃から夕方まで、、、土日や平日も時間ができるとサリーズに来て勉強していましたね。後半は、もう何も教えることがなく、Nさんの頭の中には、次々と勉強の計画ができているようでした。何よりも「自分でやる」ことの大切さと「努力に勝るものはない」ということを先生も教えてもらいました(^ ^) ありがとう!

 Mくん・・・「先生のおかげで英語力を向上させることができました!」と書いてくれました。Mくんが、E-learningの単語を「全部覚えてきました!」と言った時の驚きは、忘れられません。「全部覚えることができる!」と言うことをMくんから教えられました。Mくんのおかげで、後輩のみんなも頑張れます。小学校1年生からサリーズに通い「小学生の時は、よくサリー先生にゲンコツをされた・・・。」と言うのが、中学生になってからのMくんと先生の話のタネでしたね。その度に皆で「なんで怒られてたんだっけ???」と首を傾げていました。それほど、中学生になって成長していたと言うことですね。今度は、さらに素敵な高校生になって下さい(^ ^)

 Kさん・・・「いつも質問をすると丁寧に分かりやすく教えて下さって、とてもためになる英語を知ることができました。」と書いてくれました。そうです(^ ^)Kさんの質問の数々は、私Sallyにも、とてもためになりましたm(_ _)m 大抵は、私一人では手に負えず、長澤先生にお手伝いをお願いしていたのですが、そのおかげで、今後の中3生にもとても役にたつのではないかと思います。

 また、Kさんには、小学生の頃から、よく「おやつ」をもらっていました。「逆だな・・・。」とは思いつつも、いつもありがたくいただいていました(^ ^) 今日も、私の大好きなコーヒーとスコーンを持ってきてくれて、「先生はいつもみんなにあげちゃうから、これは一人で食べて!」と言って手渡してくれました。みんなの「お母さん」みたい(^ ^) みんなもありがとう!

 と、このようなわけで、思わぬ素晴らしい「贈り物」をいただき、とても嬉しいです。サリーズの誇れる中3生として、すばらしい頑張りを見せてくれた皆さん。
 高校生になっても、頑張って下さい!今日は、最高の1日として締めくくれます。ありがとう!!
う〜〜〜ん、おいしい。。。♡
20:48 | 投票する | 投票数(0)
2016/03/20

「白熱教室」日曜会!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 本日、今年度最後の高校生「日曜会」を開催しました。担当は、長澤邦紘先生です(^ ^)
 いつもなら、最後の頃に写真を撮らせていただくのですが、本日は、始まって10分もしない時の教室の様子です(^ ^)・・・*下の写真です。

 今日は、久しぶりに3人官女さんも揃いました。3人が教室に入るやいなや、いつものようにすぐに質問が始まりました。あまりもの「熱気」に魅せられ、早速写真を撮らせていただいた私Sallyです。

 皆さんには、いつもサリーズの生徒の自慢ばかりして申し訳ないのですが、、、、こんな風に生徒が勉強する学校、日本のどこかに作ってみたいですよね。

 ・・・・・教室に入るやいなや質問を始める生徒。
 ・・・・・熱が入って、黒板に文を書き始めました。
 ・・・・・何が問題なのかを、熱弁を振るって、先生に説明します。
 ・・・・・先生は、にこやかに穏やかにそれを見守り、
 ・・・・・他の生徒も、その説明を聞いて侃々諤々、討論が始まりました。

 そして、ドアの外まで聞こえる生徒たちの声がとうとう途絶えることなく、2時間が過ぎました。

 残念ながら、このメンバーでの「日曜会」は今日が最後となりました。初めて、長澤先生に教えていただいた時、まだ中学校を卒業したばかりだった3人官女さんも、4月からは高校3年生。今度は「大学受験」です(^ ^)

 そういうわけで、中3生および高校生の「日曜会」は、ここで一区切りとなりますが、今までにサリーズの生徒から長澤先生にお聞きした数多くの質問は、このHPに大切に収録させていただいております。長澤先生のご親切と大変なご苦労によりまして、皆さんに読みやすくわかり易い形に書き換えていただいたものを、近く「英語クエスチョン?ボックス」として、皆様にもご紹介できることと思います。

 どうぞお楽しみに。

 長澤先生のクラスは、4月からまた違った形で継続させていただきます。今度は、みなさんにも参加していただく機会を作っていきたいと考えておりますので、どうぞ、こちらもお楽しみにm(_ _)m
 
 
20:16 | 投票する | 投票数(0)
2016/03/17

少年・少女よ!「大志を抱け」

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
今日は是非とも、このサリーズホームページ1面でお伝えしたいことがあります。

実は今、サリーズの卒業生・高校1年生の2人の女子が、オーストラリアにホームステイ中です(^ ^)

AちゃんとNちゃんです。そうそう、覚えていらっしゃる方は・・・(以前のHPの記事で)「例のおにぎりの2人」です(^ ^)。高校へ入学してからも、2人は度々サリーズを訪れ、「オーストラリア研修に応募したいから・・・」と言って、一生懸命作文を考えたり、日本語と英語での面接の答えを考えたりしていました。

努力の甲斐あって、それぞれ学校は違いますが、オーストラリア研修に参加できることになりました。その後、Aちゃんはアルバイト、Nちゃんは、奨学金に応募するなど(なんと10万円ももらったのです!)
・・・その自立した姿も素晴らしいと感じていました。
出発の時期も、ほぼ同じ3月中旬でした。

 そして、いよいよ出発の時、一足先にAちゃんが滞在先のオーストラリア・ケアンズへと旅立ちました。ところが、それに続くはずのNちゃんは、What the hell!!!  出発の前日にインフルエンザにかかってしまったのです!

 ・・・しかし、意志の固かったNちゃんは、インフルエンザの回復を待ち、「1人で飛行機に乗って現地まで行き、後からそのプログラムに合流する」ことを決断したのです。

 そして、おととい、「初海外で初一人旅」を無事遂行し、現地に着いたのでした。
。。。。お母さんが、一人で旅立つNちゃんを見て、「成長したなあ・・・。」とちょっとうるうるきました。。。とおっしゃっていました。

 私も、思い出します。Nちゃんが小学生の頃、Nちゃんのお母さんが「この子は3人の兄弟の中で、一番外国へ行くとは言わなそうな子です。石橋をたたいても渡らないタイプ(^ ^)」といつも言っていたのを。

 実は、皆さんは「意外」と思われるかもしれませんが、「将来、外国へ行きたいから(外国の学校で勉強したいから・外国で働きたいから)英語を学びたい。」と言う小学生は、サリーズにはほとんどいません。それどころか、「外国は怖いから行きたくない!」と言う子の方が多いのです!毎日毎日、テレビから流れてくる、災害や事件のニュースを目の当たりにしているからかもしれません。

 「なぜ英語を習うの?」と聞くと、ほとんどの子が、「中学校で良い点数を取りたいから・・・」と言います。私はそんな言葉を聞いて、心の中で「えーーーーーーっ!」と叫んでいますが、何もできません。少なくとも・・・「今はできない。。。。。」
 けれども、「絶対にこの子たちには、「日本の外」を見てきてほしい!」という気持ちは強くあります。「日本の外から日本を見てきてほしい!」のです。海外へ行くことは「憧れ」でも「お金持ちのすること」でもありません。広い視野から、自分が何者なのかを知ることだと思います。

 「石橋をたたいても渡らない」と言われたNちゃんが、心配する家族に笑顔で手を振って、『初海外・初一人旅』に出発したのです。私だって、、、、、うるうるです・・・。

16:44 | 投票する | 投票数(0)
2016/03/06

本日、高校生「日曜会」実施しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 本日、長澤邦紘先生による、高校生「日曜会」を実施しました(^ ^)

 中3生は、3月3日、全員無事「高校入試」を終え、今日はゆっくりと(たぶん)休養中です(^ ^) 本来なら、次へ向けて早速、頑張ってほしいところですが^_−☆ 高校入試は”ゴール”ではなく”スタート”ですからね(^ ^) 
 そして、サリーズでの中3生へのお手伝いも、残念ながら残すところあと来週のみとなりました。。。来週は、長澤先生の「英作文講座〜最終回〜」と「お別れパーティー」です(^ ^) 早いものですね。

 さて、本日の長澤先生の高校生「日曜会」の方は、Nさんが入ってくると、座るか座らないかのうちに、長澤先生への「質問」が始まりました。長澤先生も、早速、Nさんの質問に丁寧に耳を傾けていらっしゃいました。また、Yさんからの質問も立て続けにあり、長澤先生曰く
 「今日は二人から、機関銃のように迫力ある質問が出た」・・・・そうです(^ ^)
    
 その後は、本日の講義内容「品詞」についてです。「品詞」は、何度勉強してもなかなか理解が難しいようですが・・・TOEICなどでも、品詞の区別がきちんとできることが、穴埋め問題などの「鍵」になっていますから・・・今後英語を勉強していく上でも、高校生の今、きちんと理解しておくことは大切ですね(^ ^)

 先日もお話しした通り、(本当に(^ ^))和やかな雰囲気のもと、あっという間の2時間だったようです(^ ^) 長澤先生、本日もありがとうございましたm(_ _)m

17:20 | 投票する | 投票数(0)
2016/02/21

本日、高校生・中3生「日曜会」実施しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 本日、中学生・高校生の「日曜会」を実施しました。
高校生は、長澤邦紘先生担当、中学生は私Sally担当です。

 高校生は、定期テストを終えたばかりで、「お疲れ気味」の様子でしたが・・・授業が始まると、たくさんの質問が出て、あっという間の2時間だったようです(^ ^)

 本日も、長澤先生には、生徒たちが理解に苦しんでいる「句(苦?)と節」について、引き続きご丁寧なご指導をいただいたようですm(_ _)m


 ーーーここで、今日は少し・・・私が「不思議だなあ」と思う長澤先生のお人柄について、お話させて下さい。
 長澤先生の授業を皆さんもご想像されていると思います・・・いくら私がここに「和やかに・・・」と書いても、大学の名誉教授と高校生(17歳)や中学生ですから、多少のギャップは想像に難くありません。そんなに「仲良く」は、やっていないのだろう・・・と思われると思うのですが・・・これが・・・私Sallyの額から冷や汗が流れるくらい(⌒-⌒; )「仲良く」やっていらっしゃるのです(^ ^) 冷や汗がでるのは・・・生徒があまりに(ちょっと悪い言葉を使わせていただくと・・)馴れ馴れしい!?・・・からなのです(^ ^)

 しかし、よく考えると。。。私もうなづける点があります。私よりも年下の先生方の長澤先生に対する態度です。礼儀は尽くしていますが、とてもフランクにお話されている様子をよく見かけます。

 ひとことで言えば「若い人とでも話が合う?」たぶん、「イギリス紳士の気質」を身につけていらっしゃる?・・・からなのかもしれませんが・・・確かなことは、「相手の言っていることに対して、いつもとても丁寧に耳を傾け、理解して下さる。」ということです。

 もう一つ、その証拠となる写真です。サリーズからの「質問メール」に対する長澤先生のお返事のメールが・・・いつの間にか、こんな束になっていましたm(_ _)m


 小さいお子さんの保護者の方からも、「ぜひこの子が大きくなったら長澤先生に教えていただきたい」とリクエストをいただいております(^ ^)が、現在もサリーズは、影で長澤先生のご協力に支えられているということを、皆さんにもお伝えしたいと思いますm(_ _)m

 長澤先生、本日もありがとうございましたm(_ _)m
21:41 | 投票する | 投票数(1)
2016/02/07

本日、高校生・中3生「日曜会」実施しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 本日も高校生「日曜会」は長澤先生担当、3:30〜5:30、中学生「日曜会」は私Sally担当5:00〜8:00で実施しました。
 高校生「日曜会」参加者は、高校生のYさんと、この前から加わった中学生男子2人でした。終始なごやかな雰囲気のクラスでしたが、内容は、Yさんの質問、句と節、仮定法など多岐に渡っていたようです。二人の中学生男子は・・・いかに?・・・と思いきや・・・難しい話題の授業に・・・とても「満足げ」でした(^ ^)

 
  一方、中3生「日曜会」は残りわずかとなってきました。私立入試を終え、ちょっと安心したのもつかの間、いよいよ県立入試まで、1ヶ月を切りました。「光陰矢の如し」とはこのことです。今日は、「長文づくし!」です。県立入試より長い長文問題を次々に解きました。。。本番の時には・・・「これだけでいいのお〜(^ ^)」と思えるぐらい。最後の最後まで頑張って欲しいと思います(^ ^)
 
21:18 | 投票する | 投票数(0)
2016/01/25

さあ君は「どう動く?」

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys

 昨日の「子どもたちの明るい未来」見つけていただけましたか?

   答えは⇨⇨⇨「ロイヤル英文法」です!!!(^ ^)

 N子さんはこの日、家から来たはずなのに、、、たった2時間の英語のクラスに来るにしては「大きな重いバックを持っているんだなあ」と私Sallyは思いました。
 
 「ロイヤル英文法」は、長澤先生がいつも傍に置き、私たちの質問に「調べてみます」と言っては取り出される文法書です(^ ^)
 長澤先生は、茨城大学名誉教授でいらっしゃいますが、私などが自分で良く調べもせず不用意にお聞きする英語の質問に対して、あやふやな点があれば即答せず、文法書で丁寧に調べて下さったあと、元同僚の大学の先生や、教え子さんで先生をなさっている方、お知り合い、ネイティブスピーカーなど、あらゆるネットワークを使って、私でも納得できるお答えを用意して下さいます。

 それはたとえ高校生や中学生の質問でも変わりありません。今ではこのHPをご覧の多くの英語教育に携わる先生方も協力者となっています。(m(_ _)m)
 
 そのことを子どもたちは知りません。私などが何かを言って子ども達の心を動かそうとするものでもありません。長澤先生を始め多くの協力者の方々が、この子達の10年後、20年後に「何かプラスになることがあれば」という気持ちで見守って下さっているのだと思います(^ ^)
 
 
 この日、N子さんの机の上には、学校で使っているたくさんの付箋のついた「コーパス4500」と「Next Stage(文法書)」、そして真新しい「ロイヤル英文法」が置いてありました。
 「ロイヤル英文法」は長澤先生に引いていただく本ではなく、N子さんが自分で引く本になりました。。。。。
 「与えられるもの」が溢れている時代、平和な日本にチャンスはゴロゴロ転がっています。しかし、私たちには、それを「生かせる子ども達」が必要なのです。日本の未来のために!(^ ^)

 *「徹底例解ロイヤル英文法」綿貫陽 改訂・著 旺文社
  「コーパス4500」投野由紀夫 東京書籍
  「Next Stage」 瓜生豊 篠田重晃 桐原書店
20:53 | 投票する | 投票数(0)
2016/01/24

本日、高校生・中3生「日曜会」実施!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日、1月24日、高校生・中3生の日曜会を実施しました。
高校生は3:30~5:30まで、長澤先生担当。中3生は、5:00~8:00 or 8:30までSally担当です。

高校生のほうは、前回から2人の中3生も加わり、珍しく男子が多い組み合わせとなりました。(「英語の習い事」というと女の子が多そうなイメージがあるかもしれませんが、そう言えばサリーズでは、男女比が半々か・・・または男の子が多いぐらいです(^ ^))

この前は「聞き役」だった男子も、今日は随分活発に発表していたようです(^ ^)

さて、こちら今日の高校生「日曜会」の写真2枚です。ーーーみなさんは、この2枚の写真に何が見えますか?・・・・・私には、ここに「子どもたちの明るい未来」が見えました(^ ^)


私Sallyには、ずっと心の片隅に黒雲がかかっていた部分がありました。サリーズの生徒は皆一生懸命勉強する良い生徒ばかりです。でも、その恵まれた環境ゆえ、「チャンスは自分がしっかり掴んでいなければ、いつまでもそこにあるものではない」と危機感を持つものなどはほとんどなく、逆に「チャンスを最大限に生かそう」というハングリー精神にも欠ける気がしていたのです・・・・・・・
22:42 | 投票する | 投票数(1)
2016/01/10

本日、高校生・中3生「日曜会」実施!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日、2016年初の「日曜会」を実施しました。高校生3:30〜5:30長澤先生担当、中3生5:00〜8:00or9:00Sally担当です。

 本年初ですので・・・ご紹介させていただきますm(_ _)m 高校生「日曜会」は、ご厚意により、茨城大学名誉教授長澤邦紘先生に特別講師として教えていただいておりますm(_ _)m
 サリーズの高校生が中3の受験勉強時に抱いた「小さな英語の疑問」を私Sallyがメールで長澤先生にお聞きするうちに、 SALLY'Sに来て実際に生徒の質問にお答えいただくことになり、更には、この「日曜会」という夢のクラスが実現いたしました(^ ^)
 本日の高校生「日曜会」は、「句」と「節」について、長澤先生から分かりやすく教えていただいたそうです。
 
 中学生は、いよいよ「私立入試」が来週となりました。そんな中でも、「今年の3年生はなかなかやるな!」と思わせる言動がいくつかありました。見た目は「優しく」でも「しっかり者」が揃っているようです。きっと、実力を十分発揮してきてくれることと思います!


       高校生「日曜会」の様子です。本日から中学生A君H君も加わりました。こちらの2人は、英検準2級をすでに取得し、2級に向けて勉強中のためこちらへ仲間入りです(^ ^)
    
21:19 | 投票する | 投票数(0)
2015/12/06

本日、高校生・中3生「日曜会」実施!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日(12月6日)高校生(3:30~5:30長澤先生担当)中3生(5:00~8:00/9:00 Sally担当)の「日曜会」を実施しました。
 
 高校生は、本日もたくさんの質問があったようです。最初の1時間は、前回のNさんの質問から。お答えは⇨Mr.Nagasawa's Family Room
    残りもう1時間は、「発音・アクセント」についての質問が出たようです。アクセントは言い換えれば、「どの音節を強く発音するか」ですから、ここで更なる疑問「音節とは何か?」また「どうやって音節を分けるのか?」ということに話が展開したようです。
 また「語系」が話題になり、高校生2人は、ゲルマン系言語、ラテン系言語の別や、それらがインドヨーロッパ語族に入るということなどを長澤先生から教えていただいたようです。
 Nさんは「辞書に『ME』と書いてあるのは何か?」にも疑問を持ち、それがMiddle Englishのことであり、1066年のノルマンコンケスト以降、イギリスの公用語がフランス語(ノルマンフレンチ)になったおかげで、英語にはフランス語の語彙が多く入っている・・・など、学校の世界史に授業にも重なる展開に・・・二人共とてもexciteして長澤先生のお話を聞いていたようでした。

       これこそが『知識欲』というものでしょう(^ ^)

 
   こちらは中学生〜〜〜〜〜
    いよいよあと1ヶ月で私立入試がスタート〜〜〜身体を大切に頑張って!



 終了後も〜〜〜友達同士教えあう姿が〜〜〜
22:11 | 投票する | 投票数(0)
12