Prospective Students

 体験レッスンをご希望の方はこちら


  
 

Welcome to SALLY'S

You're the289039th visitor!

Address

〒319-2103
    茨城県那珂市中里1074-1
  SALLY'S English Language Academy
                    tel. 029-296-4815
                    fax 029-296-4815
*アクセス 情報はこちら             
 

SALLY'S Students & Parents

日々のレッスンの様子をお伝えしています
      *クラスルームへはロゴをクリック!
Classroom#1


Classroom#2


Classroom#3

    クリック                   クリック
          ⇧         ⇧
  会員のみ         一般の方も見られます(^ ^)
SALLY'S Virtual Classrooms
  *サリーズに通わないで
                                勉強をしたい方はこちら
Classroom#4
「中学英語」を勉強したい方.やり直したい方

Classroom#5

英語・英語教育・言語・文化など 


Classroom#6
留学とオーストラリアの生活.文化.Trends! 


Classroom#7
英語でチャットしよう!   

Classroom#8 
SALLY'S Alumni Study G
             
サリーズバーチャルクラスルーム


サリーズの屋根裏部屋に住む
       「魔女っ子Cyd」がサリーズの裏側を紹介

          
 

会員サイト(生徒・保護者)

Junior High Students' Room
juniorhigh
123
2016/05/01

卒業生のみなさん、ありがとう!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 先ほど、今年中学を卒業し、4月から高校生になった女の子3人が訪ねて来てくれました(^ ^)
 この色紙を持って来てくれたのでしたm(_ _)m

 みんな中学校も違うのに、大変でしたね。本当にありがとう!
読むと・・・ちょっと涙が出そうだったので・・・「あとで、ゆっくり読むね」とお話ししました。
この場をおかりして、お返事を書かせていただきたいと思いますm(_ _)m
 
 Mさん・・・「長文ができるようになり、単語も一生懸命覚えることができたので、今は単語の復習をしなくてもいいってくらい頭に入りました。」と言うことですが・・・その通り!Mさんは、中1の時から、いつもノートに何度も何度も単語の練習をしていましたね。春休みもサリーズに来て、高校の課題をやっていましたが・・・1つ1つのことをいつもきちんとやっていますね。笑顔じゃない顔を見たことがないのに、自分には厳しい・・・先生にも真似できません(^ ^) ありがとう!

 Dくん・・・「英語を小学校の時にはじめてよかったです。」と聞いて、とても嬉しいです(^ ^)。小5でサリーズに入った時、クラスのメンバーが皆違う学校の子たちばかりでした。私なら・・・ちょっとやめたくなるようなシッチュエーションだったと思いますが、Dくんは黙々と英語を頑張っていましたね。中学に入ると、今度はクラスが女の子ばかりで。。。(⌒-⌒; ) でも、「やっていて良かった。」と思ってくれて本当に嬉しいです(^ ^) 中学で良い点数が取れたのは、そんなDくん自身の頑張りのおかげですよ!高校でも英語頑張ってね!ありがとう!

 Aくん・・・「小学校からずっと英語を続けられて楽しかったです!」と聞いてとても嬉しいです(^ ^)正直言って、小学生で6年間英語を続け、高学年には中3程度の英語のテキストだったので、決して楽しいばかりではなかったはずです。やはり、それを乗り越え「継続」してくれた賜物ですね。「いずれは、先生を越す。」と書いてありますが・・・「もう越した」かと思っていました(^ ^)
では、もう間もなく・・・でしょう(^ ^) 嬉しいです!

 Yさん・・・「英語の楽しさを教えてもらうことができてよかったです。」という言葉は、本当に嬉しい言葉です。皆、その時その時に、「やりたいこと」「やらなければならないこと」があるから・・・「いつも英語が1番」という訳にはいかないと思いますし、それでいいと思います(^ ^)先生も、中学校の時には、テニスしかやっていませんでした(^ ^)それでも「英語が好き」で「勉強することが楽しい」って思ってくれるのが、一番嬉しいです(^ ^) ありがとう!

 Kさん・・・Kさんとも、小学校1年生の時からのお付き合いです(^ ^)サリーズの初めてのハロウイーン、トリックオアートリーティングに行く時には、「台風の嵐の中」でしたね(^ ^) 台風にも負けないハチャメチャなSally先生に、皆さんもお家の方も、よくついて来てくれたなあーと思います(^ ^) いつも「次はこれを頑張って!」と言うと、素直に一生懸命やってくれました。サリーズの9年間を修了した第1期生として、誇れる卒業生です。ありがとう!

 Mさん・・・「小学生の時から英語を習い、英語が一番の得意教科になりました。」「一番の得意教科!」と言ってもらえてとても嬉しいです(^ ^)。このHPを読んで下さっているみなさんにお見せできないのは残念ですが・・・サリーズの卒業生の誰もが、Mさんの頑張りのすごさを知っていますよ。そして、勉強への取り組み方だけではなく、お友達への接し方に関しても、私Sallyは、Mさんにお礼を言いたいことばかりです。友達への何気ない一言一言が、どれほど皆を元気づけたことか。必ずいつか、Mさんがしてくれたことが、Mさんのもとへ返ってくるはずですよ。ありがとう!

 Sくん・・・「中学の時にも、受験でも高得点を取れた。」というのは、みんなSくんの頑張りのおかげですよ(^ ^) でも、「先生のおかげで」と言ってくれてありがとうm(_ _)m 私Sallyが今でも忘れられないのは、Sくんがレッスンの度に報告してくれたことです。野球の試合に出られたこと、守備でレギュラーを取れたこと、試合でヒットを打ったこと。人なつっこいSくんは、いつもレッスンに来るとすぐ、学校のことや少年野球のことや、友達のことをとても楽しく話してくれたのです。先生もSくんの話しを聞くのがとても楽しかったのですよ(^ ^) ありがとう!

 Aさん・・・「楽しく優しく教えてくれたおかげでたくさん学ぶことができました。」と書いてくれました。私Sallyは、「楽しく教えた」記憶はないのですが、、、Aさんは、どんな活動をしても、いつも楽しそうに英語を勉強してくれていましたね(^ ^) 小学校・中学校と体操との両立で、とても時間の少ない中、頑張って文武両道をやり切りましたね(^ ^) 確かに、もっと時間があればできたこともあったかもしれませんが、少ない時間を精一杯使って、最大限の努力をしていた・・・そのAさんの姿勢は、必ず今後にも、、、大人になっても、、、きっと生かせることだろうと思います(^ ^) いつも笑顔をありがとう!

 Nさん・・・「英語だけではなく数学も教えてくれてありがとうございました。」と書いてくれました。そうですね、、、間違いなく、サリーズでの勉強時間が最も多かったのはNさんですね(^ ^) 夏休みは、ほぼ9時頃から夕方まで、、、土日や平日も時間ができるとサリーズに来て勉強していましたね。後半は、もう何も教えることがなく、Nさんの頭の中には、次々と勉強の計画ができているようでした。何よりも「自分でやる」ことの大切さと「努力に勝るものはない」ということを先生も教えてもらいました(^ ^) ありがとう!

 Mくん・・・「先生のおかげで英語力を向上させることができました!」と書いてくれました。Mくんが、E-learningの単語を「全部覚えてきました!」と言った時の驚きは、忘れられません。「全部覚えることができる!」と言うことをMくんから教えられました。Mくんのおかげで、後輩のみんなも頑張れます。小学校1年生からサリーズに通い「小学生の時は、よくサリー先生にゲンコツをされた・・・。」と言うのが、中学生になってからのMくんと先生の話のタネでしたね。その度に皆で「なんで怒られてたんだっけ???」と首を傾げていました。それほど、中学生になって成長していたと言うことですね。今度は、さらに素敵な高校生になって下さい(^ ^)

 Kさん・・・「いつも質問をすると丁寧に分かりやすく教えて下さって、とてもためになる英語を知ることができました。」と書いてくれました。そうです(^ ^)Kさんの質問の数々は、私Sallyにも、とてもためになりましたm(_ _)m 大抵は、私一人では手に負えず、長澤先生にお手伝いをお願いしていたのですが、そのおかげで、今後の中3生にもとても役にたつのではないかと思います。

 また、Kさんには、小学生の頃から、よく「おやつ」をもらっていました。「逆だな・・・。」とは思いつつも、いつもありがたくいただいていました(^ ^) 今日も、私の大好きなコーヒーとスコーンを持ってきてくれて、「先生はいつもみんなにあげちゃうから、これは一人で食べて!」と言って手渡してくれました。みんなの「お母さん」みたい(^ ^) みんなもありがとう!

 と、このようなわけで、思わぬ素晴らしい「贈り物」をいただき、とても嬉しいです。サリーズの誇れる中3生として、すばらしい頑張りを見せてくれた皆さん。
 高校生になっても、頑張って下さい!今日は、最高の1日として締めくくれます。ありがとう!!
う〜〜〜ん、おいしい。。。♡
20:48 | 投票する | 投票数(1)
2016/03/13

本日、中3生「日曜会」最終回

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 本日13日、中3生最後の「日曜会」を開催しました。
長澤邦紘先生担当で、「英作文」を教えていただきました。本日、残念ながら(私Sallyが)「写真」を撮るのを忘れてしまい、せっかくの最後の授業の様子はお見せできませんm(_ _)m。ご想像下さい(^ ^)

 日曜会「英作文」の授業のあと、「卒業パーティー」も行いましたが、長澤先生も残って、生徒たちと楽しいひと時を過ごして下さいました。中学生たちは・・・ここ数日、卒業・合格発表などイベント続きで、まだ興奮冷めやらぬ状態でした。そんな中、長澤先生が、生徒たちに掛けて下さった言葉が、とても有難く、、、私としては、感謝が2倍になった気持ちです(^ ^)
 生徒たちの「英作文」が、すこぶる上達した・・・というお褒めの言葉でした、、、
数えればまだ数回程度の授業で、一人一人の様子や発言などを、とても心温かく見守って下さっていたことに「さすが・・・」と感じずにはいられません。

 私Sallyが、ここ数日の中学生たちの出来事(入試や合格発表)に(多くの塾や教育関係者の方々とは逆の・・・)極めて冷ややかな態度と発言(m(_ _)m)を呈しているには、訳があります。。。。。それは、何百回とこの後の「大どんでん返し」を見てきたからです。

 つまり「継続できるか・できないか」に全てがかかっているのです。現在は、ただ1点の通過点に過ぎません。

 最近、面白いことを考えたのですが(^ ^)、
 「もし、”英語のカリスマ講師”がいるとしたら・・・『英語』を教えないで、英語を上達させる人だろう!」と。また、自分はこの仕事で何がしたいのか・・・についても「英語を教えたかったのではなく、『生徒に英語を勉強してもらいたかった』のかなあ」と、そのようなことを考えておりました。

 やはり、子どもを成長(勉強)させるには、「子どもを育てる言葉、子どもを育てる目・そして子どもを受け止める心」を持っていなければいけないなあと考えます。生徒とともに、長澤先生から私も学ばせていただいておりますが、
 「この子たちは、きっと英語の勉強を続けるな(^ ^)」と確信して、今日、お別れすることができました。
生徒のみなさん、保護者の皆様、そして長澤先生、本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

16:42 | 投票する | 投票数(1)
2016/03/11

本日、茨城県立高校合格発表

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 私Sallyも例年の感じから・・・うっかりしておりました(^ ^) 昨日が近隣の中学校の卒業式だったのです。式服のまま早速こちらへ立ち寄って下さった方がいて気づきました。。。(^ ^) 「ご卒業おめでとうございます(^ ^)」

 ということは、その翌日、今日が茨城県では毎年県立高校の合格発表の日です(^ ^)
でも「合否」とか「明暗を分ける」とか「ラッキー・アンラッキー」とかは言いたくない感じです。人生には、「自分で選ぶ道」と「自分が選ばれる道」がありますから。。。

 そして、・・・努力して何かをなし得たことは、子どもたちに自信とエネルギーを与えてくれる!!・・・
と言い切りたいところでもありますが・・・今日のこの気持ち・・・「録画でもしておけばよかった・・・」と、大抵のお父さん・お母さんがたは、1ヶ月、2ヶ月後位には思うかもしれません・・・夢のない話で申し訳ありませんm(_ _)m

 せめて、今日のこの気持ちを日記にでも書いておいてもらうと良いかもしれません(^ ^)新しい道への第一歩として(^ ^)

   今日は、3月11日東日本大震災が起こった日です。5年前の今日、サリーズは幼稚園クラスのレッスン中でした。サリーズ教室を設計中から、担当の村元さんが「地震には強い建物ですよ」と何度もおっしゃっていたのでしたが・・・10年前には「地震」と言う言葉もさほど耳には留めていませんでした・・・そのためか、とても揺れは大きかったものの、サリーズ教室は棚の上のコーヒーさえもそのままの姿を残している状態でした。
 待っていたお母さん方と外の駐車場に出て、道向こうの家から瓦が落ちたのを見て、地震の大きさにびっくりしたのです。後から聞いた話ですが、私たちとは反対方向に飛び出したお隣のおじいちゃんは、瓜連の町の方から、どおっと土煙が上がるのを見て、とても恐ろしかったと言っていました。この地区でも、石塀やお墓などは軒並み倒れ、家々の瓦が落ち、場所によって建物も相当なダメージを受けたのでした。
その年の卒業式や入学式ができなかった学校も多くありました。

 3月11日が近づき、TVでは、未だ学校や自分の家に戻れない子どもたちの姿を映しています。時が経ち、自分たちができることは、せめて忘れないことぐらいです。

 昨年も、戦後70年のテレビをたくさん見ました。戦後70年を生きてきたおじいちゃん、おばあちゃんの記憶に「忘れてはならない」と思うことがたくさんあることが分かりました。

 広い世界を見れば、私たちの日々の「大事件」がとてもちっぽけで、そして、明日もたぶん同じような日を過ごせるであろう幸せが見えます。私たちが周りの人を助けるなどということは、なかなか難しいことですが、私たちは周りの多くの人の存在にさえも助けられているのだなということを感じることはできます。
09:58 | 投票する | 投票数(1)
2016/02/28

本日、中3生「日曜会」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日、10時から6時まで中3生「日曜会」開催中です(^ ^)
それぞれ、塾などの予定が詰まっているので、午前中は5人で勉強。



お昼に2人、3時に1人帰り、現在は2人が残って勉強中です(^ ^)
今日はいよいよ中3生にとっては、入試前の最終回となりました。


 リクエストにお答えして最後の「豚汁」も作らせていただきましたm(_ _)m
                   (今日はかぼちゃバージョン(^ ^))
  
ここへきて、、、みんなちょっと「焦り気味」ですが・・・あとは体調を整えがんばって下さい(^ ^)

最後に、高橋尚子選手が最後の試合の前に読まれた句・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    いままでに
     いったいどれだけ
      走ったか
       残すはたった42キロ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まあ、まだまだこの境地ではないと思いますが、人生への小さな1歩にも、数え切れない努力の裏付けがあるということですね(^ ^)

受験は、みなさんにとって人生の「大事件」に思えると思いますが、ほんの小さな出来事にすぎません。受験生が偉いわけでもなく、特別なわけでもありません。でも、何かを目指して積み重ねた努力は、きっとみなさんの人生の糧として、次の1歩を支えてくれることと思います(^ ^)

     Good Luck on your examination!
15:42 | 投票する | 投票数(0)
2016/02/07

本日、高校生・中3生「日曜会」実施しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 本日も高校生「日曜会」は長澤先生担当、3:30〜5:30、中学生「日曜会」は私Sally担当5:00〜8:00で実施しました。
 高校生「日曜会」参加者は、高校生のYさんと、この前から加わった中学生男子2人でした。終始なごやかな雰囲気のクラスでしたが、内容は、Yさんの質問、句と節、仮定法など多岐に渡っていたようです。二人の中学生男子は・・・いかに?・・・と思いきや・・・難しい話題の授業に・・・とても「満足げ」でした(^ ^)

 
  一方、中3生「日曜会」は残りわずかとなってきました。私立入試を終え、ちょっと安心したのもつかの間、いよいよ県立入試まで、1ヶ月を切りました。「光陰矢の如し」とはこのことです。今日は、「長文づくし!」です。県立入試より長い長文問題を次々に解きました。。。本番の時には・・・「これだけでいいのお〜(^ ^)」と思えるぐらい。最後の最後まで頑張って欲しいと思います(^ ^)
 
21:18 | 投票する | 投票数(1)
2016/02/03

「塵も積もれば山となる」???

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
 昨日はpm7:30~9:00英検3級クラスの中学生が来ました。

そこで、面白い会話がありました。
 1年生のYさんが、
 「塵も積もれば山となる」と言うと、
 2年生のYさんが、
 「『塵も積もれば山となる』?それって初めて聞いた。。。あんまり言わないよね〜〜?」

 みんな「・・・・・。」

 Sally : 「Yちゃん、それみんな知ってるよ!(^ ^)」

 Yさん:「うそだ==!」

 Sally:  「知ってる人、手を挙げて!」

 全員: 笑顔で挙手(^ ^)

 Yさん:「え===!!!」  

 同じ日本にいても、人間ですから・・・たまに自分が当然だと思っていたことが世の中の当然じゃない!と分かった時、「カルチャーショック」がありますよね。私Sallyもよく漢字の思い違いとかがあり、突如としてカルチャーショックを受ける時があります(^ ^)。あと、小学生の時からよく「徹夜」していた私は、大人になって初めて「小学生はあまり『徹夜』はしない・・・」と知って、本気でショックを受けた記憶があります(^ ^)

 これだと、Yさん、「ネタ」にされて終わってしまうので、この日Yさんが言ってくれた言葉が嬉しかったのでご紹介します。

 いつもは、30分位のウオーミングアップの英会話練習なのですが、・・・この日はちょっと長引き40分位になりました。ペアを替えながら何度も練習。そのあとは、1人ずつ前へ出てスピーチ。「すかさず質問」もはさむ設定だったので、長引きました(⌒-⌒; )

 でも、「ちょっといつもより時間かかっちゃったね。」(書く練習の時間が減ってしまったので・・)と私Sallyが言うと・・・、
 
 Yちゃんが何気なく・・・「でも、楽しかったから・・・。」と言ってくれました♡♡♡
 「何の変哲もない会話の練習」と「みんなの前で何も見ずスピーチを発表する」という中学生なら最もプレッシャーの大きい嫌な2パターン。(普通の一般的な中学生なら「何が楽しいの?」と脳みそが呟きそう(ー ー;))

しかも、小学生の時、『スピーチ』があれほど嫌い!と言って泣いていた(これまたごめんなさいm(_ _)m)Yさんの、心から漏れた一言だからこそ、よけいに嬉しかったかな♡♡♡
11:27 | 投票する | 投票数(1)
2016/01/17

本日は中3生「日曜会」実施!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日は中3生の「日曜会」を実施いたしました。4:30〜6:30までは長澤先生、6:30〜8:00(8:30)まではSally担当です。


 長澤先生には、本日は「発音問題」についてと、引き続き「英作文」を教えていただいたそうです。長澤先生のクラスが終わって、私Sallyが教室に入るとKさんのプリントが、まず目に入りました。「すばらしいねえ。」と言って写真をパチリ。でも、周りの子のプリントを見ると、みんな同じくらい「書き込み」でいっぱいでした!
 ーーーこの「やる気」すごいなあ。。。ーーー
 英語の成績よりも何よりも、「一生モノ」の何かを身につけつつある子供たちです。

20:59 | 投票する | 投票数(1)
2016/01/14

「K君との約束」

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
小学校5年生の時からサリーズで英語を習い始めたK君、「ぼくは中学校から始めた友達に, 英語だけは負けたくないんだ。。。」と言いました。「そう言うのだったら、『負けちゃだめ!』だよ。」Sally先生はいいました。そこで考えたK君。。。。。。。「ぼくこれから毎日単語の練習をします!」

冬休みを終え、K君は満面の笑顔で、Sallyにノートを手渡しました。
----- Great!!! K君!   I'm proud of You!!!!!!!!!! -----

「やらされて」やることと、「自分から考えて」やることとの間には、
『天と地ほどの差がある』と私Sallyは思うのですが、、、、、皆さんはいかに.?(^ ^)
11:18 | 投票する | 投票数(1)
2016/01/10

本日、高校生・中3生「日曜会」実施!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日、2016年初の「日曜会」を実施しました。高校生3:30〜5:30長澤先生担当、中3生5:00〜8:00or9:00Sally担当です。

 本年初ですので・・・ご紹介させていただきますm(_ _)m 高校生「日曜会」は、ご厚意により、茨城大学名誉教授長澤邦紘先生に特別講師として教えていただいておりますm(_ _)m
 サリーズの高校生が中3の受験勉強時に抱いた「小さな英語の疑問」を私Sallyがメールで長澤先生にお聞きするうちに、 SALLY'Sに来て実際に生徒の質問にお答えいただくことになり、更には、この「日曜会」という夢のクラスが実現いたしました(^ ^)
 本日の高校生「日曜会」は、「句」と「節」について、長澤先生から分かりやすく教えていただいたそうです。
 
 中学生は、いよいよ「私立入試」が来週となりました。そんな中でも、「今年の3年生はなかなかやるな!」と思わせる言動がいくつかありました。見た目は「優しく」でも「しっかり者」が揃っているようです。きっと、実力を十分発揮してきてくれることと思います!


       高校生「日曜会」の様子です。本日から中学生A君H君も加わりました。こちらの2人は、英検準2級をすでに取得し、2級に向けて勉強中のためこちらへ仲間入りです(^ ^)
    
21:19 | 投票する | 投票数(1)
2015/12/20

今年最後の「日曜会」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日、今年最後の高校生・中3生の「日曜会」が開催されました。
先週は、長澤先生も私SallyもESBAT(英語教育者の会)に参加のため、中3生の「日曜会」がなかったのですが、中3生から「長澤先生の英作文をぜひやりたいです!!」と、リクエストを受けましたので、今回高校生の時間を半分譲ってもらうことになりました。また、高校生の二人は後半も残って、中学生の指導に加わってくれました(^ ^)


 中学生にとっては、「なかなか難しい英作文」です。長澤先生がいくつか「英作文のこつ(tips)」を生徒に教えて下さったようです。英作文には、日本語とは違う「英語的発想」も必要です。
 長澤先生が高校生に、中学生の英作文についてのコメントを求める場面では、高校生が的確に中学生の間違いを指摘し、きちんとした正しい英文を教えてくれたということですよ!高校生のメンツもたちましたね!(^ ^)
 
 英作文の内容については、A君の「Go straight this street.」でダメ出しがあったようで、中学生がどのように理解するのか・・・また次回が楽しみですね。

  *長澤先生からお答えが出ています⇨⇨⇨Mr.Nagasawa’s Family Roomへ  

 長澤先生、本日は長時間(中3生のため30分延長で)ありがとうございましたm(_ _)m

 おまけ・・・本日のおやつは、高校生のHさんのお母様が先日アメリカへ研修に行かれた際のお土産のと〜っても素敵なチョコレートです!飯島先生がドイツで買ってきて下さったクリスマスのナフキンの上にのっています*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*ちなみにナフキンは「まちがい探し?」

21:55 | 投票する | 投票数(1)
123