「長澤クラス」

 
「大人の英会話」
「大人の英会話」 >> 記事詳細

2019/02/07

「長澤クラス 大人の英会話」スタート!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日より、サリーズ水戸分校にて、長澤クラス「大人の英会話」がスタートしました!
いつもなぜか「長澤クラス」には、とても「やる気のある」(と私が言っても・・・失礼ですが・・・私サリーにとっては、サリーズに来る子供たちのような「輝きをもった」という意味で)大人の方が引き寄せられるようにやってきて下さる気がします。

 何だろう?・・・ある意味「これが大人の方なのか・・・」と思うような「生徒になりきった」姿勢です。。。もしかすると、長澤クラスだからこそ、自然に「生徒に戻れる」のかも知れませんね(^^)

 長澤クラスを卒業されて行った生徒の皆さんも「生徒の立場」を卒業し、「一人の英語話者」として、ネイティブの方や、仕事関係の方とある意味対等な立場で会話できる「自信」を付けて「卒業」されたのかなと感じます。「学校」から「社会」に飛び立つ子供達と同じように・・・。

 まさに「長澤クラス」は、大人が「生徒」に徹することができる「大人の学校」です(^^)
では、第一回の長澤先生からのご報告です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長らく休んでおりました「大人の英会話」を本日、

水戸分校でスタートしました。



この授業は一昨年の12月に当時の受講生4人が

全員「卒業させてください」と申し出てきたので、

それ以後、授業としては閉講していたものです。



今度新しくTさんが受講を希望されたので、2月から

7月までの6か月の間、毎月3回の予定で開講する

ことになりました。今日はその1回目でした。



毎回の授業の流れは大体以下の通りです。

・ウオーミングアップとしての small talk: 

今日のトピックは What did you do on New Year Day?

でした。

・その日のmain activity

本日のメインテーマは Ask Mr. Nagasawa about his

 background to write his biography. でした。

 私の出身地、学歴、海外経験などについてTさんが

 問い、私が答えるというものです。 英語の問いが

7つか8つ出たところで時間切れとなりました。

Tさんの伝記を書くために私が質問するという

パターンは次回にやってみたいと思います。

・最後の数分はTさんからの質問に当てます。

今日は時間が余り残っていなかったので、文法の

質問一つに答えただけで終わってしまいました。



授業は時間配分も含めて、予定通りには進みません

でしたが、Tさんの授業に対する積極的な態度で

「静かな熱気」に包まれたものとなり、授業者としては

満足度100パーセントで授業が終わったと言ったら

自己満足に過ぎるでしょうか。

長澤先生より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっと楽しいレッスンになることと思います(^^)


15:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)