Prospective Students

 体験レッスンをご希望の方はこちら


  
 

Welcome to SALLY'S

You're the279685th visitor!

Address

〒319-2103
    茨城県那珂市中里1074-1
  SALLY'S English Language Academy
                    tel. 029-296-4815
                    fax 029-296-4815
*アクセス 情報はこちら             
 

SALLY'S Students & Parents

日々のレッスンの様子をお伝えしています
      *クラスルームへはロゴをクリック!
Classroom#1


Classroom#2


Classroom#3

    クリック                   クリック
          ⇧         ⇧
  会員のみ         一般の方も見られます(^ ^)
SALLY'S Virtual Classrooms
  *サリーズに通わないで
                                勉強をしたい方はこちら
Classroom#4
「中学英語」を勉強したい方.やり直したい方

Classroom#5

英語・英語教育・言語・文化など 


Classroom#6
留学とオーストラリアの生活.文化.Trends! 


Classroom#7
英語でチャットしよう!   

Classroom#8 
SALLY'S Alumni Study G
             
サリーズバーチャルクラスルーム


サリーズの屋根裏部屋に住む
       「魔女っ子Cyd」がサリーズの裏側を紹介

          
 

会員サイト(生徒・保護者)

Mr. Nagasawa's Room

Mr. Nagasawa's Room >> 記事詳細

2016/01/11

Because I like drawing ではダメか?

Tweet ThisSend to Facebook | by Mr.Nagasawa

 

またまた中3生Kさんからの質問です。Kさんは下に示す質問文Qに対してA1 のように答えたのですが、先生(T)はそれではダメで、A2が正解だというのだそうです。「どうしてA1ではダメなのでしょうか?」というのがKさんの質問です。

 

Q: Why do you like the subject?(どうしてその教科が好きなのですか。)

A1 (K): Because I like drawing.(絵をかくのが好きだからです。)

A2 (T): Because I like drawing, I like the subject. (絵をかくのが好きなので、その教科が好きです。)

 

注:「絵をかく」というのは「色を使わないで絵をかく」という意味です。線画です。

 

私の考えではKさんの答えが正しく、Tさんの答えは少しヘンだと思います。Tさんの答えのどこがヘンなのでしょう?

 

Tさんの答え Because I like drawing, I like the subject. は前半(理由を述べている Because . . .の部分)と後半(結論を述べている I like . . . の部分)に分かれます。Why do you like the subject? への回答は前半の部分で終っています。後半部分はいらないような気がします。しかも、like the subject は質問文の一部を繰り返しているに過ぎません。

 

おおまかな言い方をすると、A2の前半部は新しい情報(絵をかくのが好きなので)を含んでいます。これに対して、後半部は古い情報(like the subject)を繰り返しています。ここでは新しい情報と古い情報を並べる順序が問題なのです。英語ではふつう、古い情報が先で、新しい情報はできるだけ文の後半にもってきます。しかし、A2では「新情報→旧情報」の順になっているのでヘンなのです。ですから、A2の文は次のように修正すれば少し改善されるかもしれません。

    I like the subject because I like drawing.

それでも、I like the subject の部分は不要だというネイティブスピーカーは少なくないと思います。新情報の Because I like drawing. だけ答えれば充分だと考えるからです。

 

最後に(これは私の想像ですが)、Tさんが Kさんの Because I like drawing. はダメと言った裏には、従属節(この場合、because 節)だけで答えるのは「略した言い方」で「正式な言い方」ではないという考えがあるのかもしれません。日本では、伝統的な英語の先生はそういう教え方をしてきました。例えば、

    Who went to Tokyo with Mr. Johnson this morning?
という問いに対する答えが Mary
であった場合、その答えは 
    Mary went to Tokyo with Mr. Johnson thismorning. 
でな
ければならない、とするような考え方です。しかし、このような考えはある意味で間違っています。つまり、英語には文(シンタックス)に関する規則のほかに談話に関する規則というものもあるからです。Mary went to Tokyo with Mr. Johnson this morning は文の規則という観点から見れば全く問題はありません。しかし、ふつう英語ではそのようには言わず Mary did. と答えます。質問にあった Tokyo with Mr. Johnson this morning の部分は繰り返さないのが英語の談話の規則(コミュニケーション場面でどう言うか、に関する規則)だからです。

 

「文法的に正しい文をつくる」ことと「英語として適切な表現をする」ことは別物だということです。


11:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)