「長澤クラス」

 
「大人の英会話」
「大人の英会話」 >> 記事詳細

2018/02/21

長澤クラス「発音講座」開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
本日は、お二人の小学校の先生方との「発音講座」でした^ ^
早速、長澤先生からのご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回はお二人に初めて、100語程度の自己紹介文

を書いてもらい、発表してもらいました。Nさんは

クラスの生徒向け、Mさんは同業の小学校教員

向けという想定でした。



お二人とも落ち着いた英語で、変な力(りき)みも、

浮(うわ)ついたところもない、感じのよい英語

でした。(ここが大事なんですよねー、感じのいい

英語。)



今回のような、自己紹介のスピーチなどの準備を

するときの留意点として次の3点をあげました。



1.  スピーチの原稿を書くときは、「知っている表現

ならなんでもいい」という考えを捨てる。楽々と

言える(発音できる)単語や表現を選ぶ。

2.  原稿を完全に暗記する、という考えを捨てる。

聴衆はあなたの言おうとすることを知らないわけ

だから、あなたが原稿と違う表現を使ったとしても、

あなたが言い間違ったとは思わないのです。

3.  同じことを言う場合でも、句よりも節(より長い

言い回し)を使った方が理解されやすい。



次回はいよいよ「教室英語」(classroom English)を

どう使うか?を考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、長澤先生より・・。
前回お話ししましたように、この「発音講座」の特色の一つは「子連れ講座」ということです^ ^


一言では、表現しきれませんが・・・
やはり英語は「コミュニケーションのツール」ですから、
長澤先生がおっしゃるように、
お二人の英語が「とても感じのいい」英語であったということと、

お子さん方の素直で子供らしく・・・また心和やかな様子・・・
抱っこしている赤ちゃんまでも「講座の参加者?」と思えるぐらいの
落ち着いた表情をしている・・・

ことは、決して無関係ではないと思います。

お二人のお母さん方が醸し出す、落ち着きとおだやさ、優しさが
全てに染み入ってる感じがします。

自己紹介も素晴らしかったですね^ ^

成果が目に見えてきました!次回も楽しみです!
                         Sally





20:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)