Prospective Students

 体験レッスンをご希望の方はこちら


  
 

Welcome to SALLY'S

You're the342243th visitor!

Address

〒319-2103
    茨城県那珂市中里1074-1
  SALLY'S English Language Academy
                    tel. 029-296-4815
                    fax 029-296-4815
*アクセス 情報はこちら             
 

SALLY'S Students & Parents

日々のレッスンの様子をお伝えしています
      *クラスルームへはロゴをクリック!
Classroom#1


Classroom#2


Classroom#3

    クリック                   クリック
          ⇧         ⇧
  会員のみ         一般の方も見られます(^ ^)
SALLY'S Virtual Classrooms
  *サリーズに通わないで
                                勉強をしたい方はこちら
Classroom#4
「中学英語」を勉強したい方.やり直したい方

Classroom#5

英語・英語教育・言語・文化など 


Classroom#6
留学とオーストラリアの生活.文化.Trends! 


Classroom#7
英語でチャットしよう!   

Classroom#8 
SALLY'S Alumni Study G
             
サリーズバーチャルクラスルーム


サリーズの屋根裏部屋に住む
       「魔女っ子Cyd」がサリーズの裏側を紹介

          
 

会員サイト(生徒・保護者)

サリーズは田舎の小さな英語教室です。
でも、ここから世界へ羽ばたく子どもたちを育てたいと大きな夢をもっています。
 

May 2018 「Cydちゃんオーストラリアの旅!」

新着情報
 RSS
Happy New Year to You!
パブリックスペース
sallys01/08 15:58
Happy New Year!
パブリックスペース
sallys01/04 15:43
「大人の英会話」第4回
パブリックスペース
sallys03/07 15:38
「大人の大人の英会話」第3回
パブリックスペース
sallys02/21 15:36
「大人の英会話」第2回
パブリックスペース
sallys02/14 15:33
「長澤クラス 大人の英会話」スタート!
パブリックスペース
sallys02/07 15:31
「発音講座」最終回
パブリックスペース
sallys03/14 20:34
「高校生クラス」開催!
パブリックスペース
sallys03/10 20:10
春がこんなに寂しいとは
パブリックスペース
sallys03/10 15:42
「発音講座」9回目
パブリックスペース
sallys03/07 20:12
Newsletter
Newsletter >> 記事詳細

2017/10/31

Happy Halloween!!

Tweet ThisSend to Facebook | by sallys
Happy Halloween!!
       今日はハロウイーン!!

SALLY'S の 「ハロウイーンカリオキパーリー!」は日曜日の台風の中、保護者の皆様のご協力により、つつがなく終了することができましたm(_ _)m

そこで、Sally先生の
・・・・・・・・・・・・ハロウイーンパーティー考・・・・・・・・・・・・・・
ここからは保護者の皆様に向けて書かせていただいておりますm(_ _)m

ミッションその1
 まず、皆さんも一緒に考えて下さい。
もし、お子さんが「面白くなさそうだからパーティーに行かない。」と言ったら、皆さんはどうお答えになりますか?
 もちろん、サリーズの保護者の皆さんなら「どうして?」と聞いてくださるはずです^ ^ そして、たぶん「面白くなさそう」の本意を探るため、一生懸命お話を・・・または何気なく^ ^・・・お話を聞いて下さることでしょう。

 なぜなら、子どもの「面白くない」は大人の言葉で通訳すると「自信がない」であったり、「自分は頑張れない気がする」であったり、「苦労するのは嫌だ」で、あったり実に様々です。

 今回、ミッシェル先生から出されたミッションは「英語の歌を覚えてカラオケで歌うこと」です。「英語の歌を覚えること」はかっこいいしやってみたいと言う子が大半でした。

 しかし問題は「人前で歌うこと」。「人前で歌うこと」の勇気は、「外国の人の前で英語を話すこと」の勇気にとても似ていると思います。ですから、1ヶ月前は「カラオケなら行かなくてもいいやあ・・・」と言っていた子がたくさんいました。。。(^_^*)

ミッションその2

 もう一つ、ハロウイーン1ヶ月前、ミッシェル先生が言いました「高学年の子でレストランを開きたい子はいない?」全部英語で、言われたことはあやふやだったけれど、とりあえず「レストランはやりたい!」と言う子がたくさんいました。

 そこから「レストランプロジェクト」がスタート!
はじめは、ミッシェル先生の英語を聞いているだけだった子どもたちも、ミッシェル先生が「マインドマッピング」を作って、子ども達のアイデアを聞いていくと、拙い英語やジェスチャーで何とか自分の考えを伝えようとし出しました。普段おとなしい子どもたちの口もモゴモゴと動き始めました。。。^ ^

 これこそ「リアルディスカッション!!」子どもたちはレストランがやりたい一心で、「英語をツールとして」コミュニケーションをとることを自然とやっていたのです(^_^*)

 レストランの商品であるお菓子やケーキを作る段階になると、本当におとなしかった子が、ミッシェル先生に向かって「先生、ゆっくり!」と英語で声をかけていたのです。もはや、生徒たちにも「英語を話している」と言う意識させ消えてしまったようでした(^_^*)

その3 そしてハロウイーンパーティー当日!

 サリーズのパーティールームは、カラオケとダンスで熱気に満ち溢れ、サリー先生は「冷房を23度」にしました!(外は寒〜い雨と風でしたが・・・)はじめは、壁にへばりついていた子もだんだんに踊りに加わりはじめ、セッション3になる頃には、大盛り上がり!!カラオケは嫌だと言っていた子も、そんなことはすっかり忘れ、「歌が歌いたくない」と言っていた子も、上手にダンスをはじめました!

 高学年の子たちのレストランは、さすが0から練り上げ頑張っただけあって、「Come On!」と必死でお客さんを呼び込む声が響き・・・・どのレストランも「完売!」と言って、皆とても嬉しそうでした(^_^*)

その4 しかし・・・

 月曜日のレッスンの子に「ハロウイーンパーティーどうだった?」と聞くと、
すぐさま「楽しかった!!」と返事が返ってきました。

 「何が楽しかった?」と聞くと・・・意外や意外、お店の売り上げが良かった方ではなく・・・「歌とダンス!!」だったそうです。

 たぶん、恥ずかしがらず、乗りに乗ってダンスを踊ることができた子(いわば、皆の中でも「心を開放」することができた子にとっては、この上なく楽しい「ハロウイーンカリオキパーリー」だったのではないかと思います^ ^

 しかし、皆んなの中に入って何かをやるとき、いつも「2人」や「3人」のグループでないと行動できない子にとっては、まだまだ課題が多そうです。いつもは、「2人」か「3人」でいれば安心ですが・・・逆に、たくさんの人数の人や、知らないメンバーの中に入った時には、とても「苦しい時」を過ごさなければなりません。

 そのためにも、サリーズでは、「コミュニケーション上手」の子を育てたいと、これからもちょっとだけチャレンジングな企画を考えていきます。保護者の皆様と、子どもたちが心から「楽しい」と言えるよう頑張ってきたいと思います(^_^*)

詳しい内容は、SALLY'S English Language Academy のface book グループにご登録下さい!
15:02 | 投票する | 投票数(4)